玄関ドアの交換
玄関ドアの交換

ドア修理・交換 HOME > 玄関ドアの修理・交換

ドアがなかなか閉まらない時は、玄関ドア自体が劣化しているのかもしれません。玄関ドア交換または修理が必要です。

防犯対策がしたい場合も、玄関ドア交換またはカードキーやツーロックタイプの製品を取付ける方法がおすすめです。玄関ドア交換は壁を壊さないように工事をするカバー工法という方法があるので、修理をかねて防犯対策をされる方も増えてきています。

古くなった玄関ドアを新しく変えたい、最新式に交換したいなどのご要望も承っております。ドアは木製だけではなくアルミサッシなどなんでも取り扱っておりますし、職人は経験豊富なプロばかりですのでご安心ください。

玄関ドアについている丁番のビスをすべて締め直してみて下さい。まず、そういった調整をご自身でされるだけでも通常通り閉まる可能性があります。
「ご自身で調整できない」「調整するための器具がない」という場合は無理に調整される必要はありません。
また、ドアの閉まるスピードを調整したい場合は、ドアクローザーのスピード調整機能を調整して下さい。ドアを正面から見て、左右どちらかのクローザー本体にスピード調整のビスがついています。右回転で遅くなり、左回転で速くなります。30度ほど回していき、都度ドアを開け閉めして適正なスピードにしましょう。
それでもしっかり閉まらない場合はお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。

玄関ドア修理の場合は、ドア全体の写真や壊れていると考えられる場所の写真をお送りください。また、メーカー名や製品名などわかる場合はお伝え頂ければと思います。
その際には症状を詳しく説明して頂けると幸いです。専門用語など必要ありません。わかる範囲内でご確認頂くだけでも、無料見積もりができる場合もありますし、より早く修理に取り掛かることができます。
調査が必要な場合も多いため、調査費が発生する場合はご了承ください。

トップへ戻る