雨戸の修理・交換
雨戸の修理・交換

ドア修理・交換 HOME > ドアクローザーの修理・交換

ドアクローザーの修理や交換ならNKドア.comにご相談ください。

「ドア部品から油が漏れている」「ドアが急に勢いよく閉まるようになった」こういった故障の原因はドアクローザーの不良だと疑われます。
ドアクローザーとはドア上部にある自動でドアを閉める装置です。故障だと感じる要因があれば、すぐに現状を確認して修理が必要かどうかを判断しましょう。とくに、ドアが勢いよく閉まってしまう場合はケガやガラス割れへと繋がり危険です。即座にドアクローザー修理・ドアクローザー交換をお勧めします。

商品名NEWSTAR P-182
製品代7,500円
取付賃12,000円

商品名NEWSTAR P-183
製品代10,700円
取付賃12,000円

商品名NEWSTAR P-7002
製品代7,600円
取付賃12,000円

商品名RYOBI 22P
製品代9,000円
取付賃12,000円

ドアクローザー修理には出張費、諸経費が別途掛かります(お見積り時にお伝えします)

当社ではドアクローザー修理の依頼を頂いた際に、ドアクローザー交換前に調整で修理が可能かを調査し、費用削減に勤めております。
出来るだけお客様ご自身で症状や修理可能かを確認して頂き、お問い合わせの際には状況をご報告いただけますとスムーズなご対応が可能です。
また、見積もりから修理までの費用も最小限に抑えることができます。

葛飾区のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品LIXIL玄関ドア用
ドアクローザー
製品代1台 11,000円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

江戸川区のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-182
製品代1台 7,500円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

荒川区のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-182
製品代1台 7,500円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

墨田区のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-183
製品代1台 10,700円
工事費12,000円
ドア修理20,000円
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

取手市のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR PF-183
製品代1台 16,800円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

松戸市のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-182
製品代1台 7,500円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

柏市のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-182
製品代1台 7,500円
工事費12,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

我孫子市のドアクローザー修理・交換事例

取り付け製品NEWSTAR P-183
製品代1台 10,700円
工事費12,000円
ドア修理20,000円
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

いやな油漏れもその場で修理。

40代/男性/千葉県印西市

最初は気づかなかったのですが「油のようなものが漏れてきている」と感じて、問い合わせをさせて頂きました。
ドアクローザーは油圧で動作していることは把握しておりましたが、油漏れだとは思いませんでした。油が漏れると同時に異常な速度でドアが閉まることもあり早急にご対応して頂きました。
部品を持ってきて頂き、その場で交換し無事に修理をして頂き、感謝しております。

ドアのストップ機能で出入りが楽に。

50代/女性/埼玉県川口市

ドアクローザーはドアを自動で閉めるものだと聞いていましたが、私の希望としてはドアを開けたときに、止まったままになるようにしたかったのです。
そこで中村建硝へご依頼をさせて頂きました。ドアクローザーのストップ機能がついているものに交換して頂き、任意の位置でドアを開けたままにすることができるようになりました。満足しています。

ドアが異常に勢いよく閉まるようになってしまった場合、ネジが緩みドアの重みに耐えきれずに閉まる速度が速まってしまっているのかもしれません。ドアに挟まれないよう注意しながら確認をしてください。

極端にドアの開け閉めが重く感じた時、または急にそういった症状がみられるようになった場合、ドアクローザーが劣化し動きがにぶくなっているのかもしれません。そんなときはドアクローザー修理、もしくは交換が必要な場合もあります。

あまり長く使っていないドアクローザーでも油が漏れだすというときはあります。油漏れが原因でドアが止まらなくなってしまうこともありますし、ドアクローザー修理やドアクローザー交換が必要となるでしょう。また、漏れ出している油で足の裏が滑るなどのことがないよう注意して下さい。

ドアが閉まる速度が速い、もしくは遅い場合はご自身で直せるかどうかチェックしてください。ドアクローザーにはスピードを調整する機能が備わっております。
ドア上部についているドアクローザーの本体を正面から見て、左右のどちらかにスピード調整用のビスがとまっています。このビスを時計回りに回すことで、ドアの閉まる速度を遅くすることができますが、反時計回りで速めることができます。

お問い合わせの際には、「症状」を必ずお申し出ください。たとえば、自動で閉まらなくなってしまった、異常に重くなったなど。
ドア上部についているクローザーにはメーカー名が明記されております。メーカー名をお教え頂き、ドアクローザーの写真とドア全体の写真をお送り頂ければ概算でのお見積りが可能です。
クローザーの故障によりドアまで壊れてしまうことがあります。また、挟まれては危険ですし、出来るだけ早くお問い合わせください。

トップへ戻る