雨戸の修理・交換
雨戸の修理・交換

ドア修理・交換 HOME > 雨戸の修理・交換

雨戸の修理や交換ならNKドア.comにご相談ください。

中村建硝では雨戸交換、雨戸修理工事を行っております。雨戸修理が必要な状況か確かめご自身で調整などを行い、雨戸修理や雨戸交換が必要だと感じた時はぜひ当店をご利用ください。
また、雨戸修理や雨戸交換が必要かどうか判断できない場合でもご安心ください。まずはお問い合わせで情報を頂き、修理が必要かどうかを判断させて頂きます。
取り付け工事は建具工事一筋で80年経営をしてきた中村建硝の技術で、丁寧に施工をさせて頂きます。

窓の幅170cm/高さ135cm
製品代33,660円(定価40%引)
取付費24,000円
撤去費12,000円
処分費6,000円
霜除け軒天板金工事30,000円
出張費3,000円

窓の幅170cm/高さ180cm
製品代40,140円(定価40%引)
取付費24,000円
撤去費12,000円
処分費6,000円
枠周り化粧工事30,000円
足場仮設50,000円
出張費3,000円

窓の幅260cm/高さ180cm
製品代51,840円×2(定価40%引)
取付費24,000円
撤去費12,000円×2
処分費6,000円×2
出張費3,000円

雨戸修理には出張費、諸経費が別途掛かります(お見積り時にお伝えします)

雨戸修理、雨戸交換には建物構造の専門知識が必要です。なぜなら、柱などの構造体にはビスを留めないと数年で不具合が生じてしまうからです。
中村建硝では2級建築士の知識を持った技師が対応します。雨戸が木製の場合や、新しいものに雨戸交換したい場合などもぜひ当社にお任せ下さい。また、雨戸をつけられないと言う方にも室内取り付け型の格子をお勧めしております。
防犯は大切ですから、雨戸のカギを閉めたままで通風ができる製品もご用意しております。

台東区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 単体
雨戸ルーバー
製品代2本×12,000円
工事費18,000円
ドア修理25,000円
出張費3,000円
その他処分費 2本×3,000円

(すべて税別です)

墨田区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 単体
雨戸ルーバー
製品代3本×16,000円
工事費18,000円
ドア修理35,000円
出張費3,000円
その他処分費 3本×3,000円

(すべて税別です)

北区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 単体
雨戸ルーバー
製品代2本×12,000円
工事費18,000円
ドア修理25,000円
出張費3,000円
その他処分費 2本×3,000円

(すべて税別です)

豊島区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 雨戸一筋
製品代40,140円
工事費50,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

千代田区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 雨戸一筋
製品代40,140円
工事費50,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他
-

(すべて税別です)

荒川区の雨戸修理・交換事例

取り付け製品LIXIL 雨戸一筋 特注
製品代45,000円
工事費50,000円
ドア修理
-
出張費3,000円
その他足場工事別途

(すべて税別です)

丁寧で迅速な対応に感謝。

60代/男性/千葉県我孫子市

雨戸のカギが閉まらず困っていたときに雨戸交換を利用させて頂きました。
15年以内の建築でしたので、メーカーから直接同じ製品を取り寄せて頂き、雨戸交換を行ってもらいしっかりと閉まるようになりました。これで防犯は安心です。また、雨戸を開けた状態で通風したかったので、室内の折り畳み式格子を取付けて頂きました。
とても丁寧で親切なご対応で、なおかつ迅速に取り替えを行って頂けたので感謝しております。

外れてしまう雨戸を中村建硝さんで改善。

40代/女性/茨城県取手市

雨戸の枠が木製で長年敷居が削れて動きが悪くなっていると感じておりました。そこで、敷居も曲がってしまい雨戸を閉める時に外れる状態にまでなってしまい困っていたところ、中村建硝を利用させてもらいました。
木製の枠を外してアルミ製の枠を取付けて頂きましたが、工事一式の費用も思っていたより高くはありませんでした。
木製の敷居はなぜか削れて動きが悪くなりがちですから、これからも雨戸修理や雨戸交換に利用させて頂きたいと考えております。

極端に雨戸が重くなったときや動きが悪いときなど。不審に感じたらすぐに雨戸修理が必要です。雨戸は本来、災害が起こったときにガラスが割れて怪我をしないようにするもの。使い勝手が悪いときはすぐに対処を。

ほとんどのメーカーで雨戸は建付け調整ができるようになっています。そのため、雨戸の隙間調整ができるようになっていますが、ご自身で調整しても直らないようであれば雨戸修理や雨戸交換が必要です。

レールから雨戸が外れている場合があります。上に持ち上げて、下レールの中心に雨戸が来るようにしてください。

アルミサッシの雨戸の場合調整が可能です。下の鍵はレールの中に鍵受けが付いているので位置を調整してください。上の鍵は戸当たり金物の位置で調整します。

枠の歪みが原因のことが多いです。ご自身で修理は難しいのでご相談ください。

雨戸の下に付いている戸車の劣化が原因のことが多いです。同じ戸車で交換が必要です。戸車の種類は同じメーカーでも多数あるので注意が必要です。ホームセンターで入手できるものもあるようです。

まずは雨戸全体の写真や「雨戸修理が必要だ」と思う部品を写真で送付してください。
できれば雨戸のメーカーや製品名、症状などを同様にお申し出くださると、メールでの無料見積もりが可能です。現在でも木製の雨戸がついている場合もありますから、雨戸全体の写真を送っていただくことで、概算見積もりが可能となります。
雨戸上部にシールが貼ってあることが多いため、メーカーや製品名などはすぐに把握して頂けるかと思います。そういった情報をまとめてお問い合わせをお願いします。

トップへ戻る